アクアレーベルの化粧水(黄)を使ってみた!【成分・特徴・効果・感想】

どうも、ハルカです。

最近、肌がカサつく感じがしたので、保湿に良さそうな化粧水を買ってみましたよ。

資生堂 AQUALABELアクアレーベル バウンシングローション

資生堂
AQUALABELアクアレーベル
バウンシングローション

アクアレーベルの化粧水は、赤・青・黄色の3種類があります。

黄色(オレンジ)のタイプは、「ハリつや肌」用ということなので選んでみましたよ。

ちなみに赤いボトルが、肌あれ・大人のニキビ・毛穴を防ぐ「つるつる肌」用で、青いボトルががより明るく透明感のある肌へ導く「美白肌」用だそうです。

化粧水のテクスチャーも3種類あって、「さっぱり」・「しっとり」・「とてもしっとり」に分かれています。

当然、私が購入したのは「とてもしっとり」タイプです!

どのタイプでもお値段は同じです。

単なる「しっとり」よりも、「とてもしっとり」の方が配合成分が良さそうな感じがしますよね。

なので、何となくオトク感のある「とてもしっとり」の方を自然と選んでしまいました(笑)

アクアレーベル化粧水(黄・とてもしっとり)の全成分

資生堂 AQUALABELアクアレーベル バウンシングローション とてもしっとり 成分 効果

使ってみた感想の前に、とりあえず成分チェックから♪

含有成分は以下の通りです。

水、グリセリン、DPG、BG、PEG-6、PEG-32、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、キサンタンガム、グルタミン酸、ヒアルロン酸Na、乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液、加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、イソステアリン酸、水添ポリデセン、PEG-30ダイズステロール、カルボマー、EDTA-2Na、水酸化K、セスキイソステアリン酸ソルビタン、トコフェロール、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

保湿効果の高い成分が沢山入っていますね。

 

アクアレーベル化粧水(黄・とてもしっとり)の成分の特徴

資生堂 AQUALABELアクアレーベル バウンシングローション 口コミ・効果

「うるおいで角層をみたしてハリのある弾むような若々しいツヤ肌」のための、特徴的な成分は以下のようなものだそうです。

●WローヤルゼリーGL=ローヤルゼリー発酵液・ローヤルゼリーエキス・グリセリン
●WコラーゲンGL=加水分解コラーゲン・水溶性コラーゲン・グリセリン
●D-アミノ酸=D-グルタミン酸
●Wヒアルロン酸=アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na

どれも保湿に効果的な成分だそうですよ。

コラーゲンヒアルロン酸ローヤルゼリーの保湿効果は有名ですよね。

あまり聞き慣れない、D-グルタミン酸ですが、これが含まれているのが結構大きなポイントかも。

D-グルタミン酸というのは、D-アミノ酸の1種だそうです。

D-グルタミン酸は、幼児の肌に豊富に含まれていて、20代以降は1/3以下に減少するというデータが出ています、

この、D-グルタミン酸が細胞間脂質を補給することで、肌内部の水分蒸発を防ぎ、肌のバリア機能が高まるそうですよ。

つまり、この成分が「ハリ・弾力」に効果がありそうな感じですね。

アクアレーベル化粧水(黄・とてもしっとり)の成分の香り

ライトローズの香りです。

女性らしいフローラル系の香りにかなり癒やされます。

強すぎなくて、割とすぐに匂いが飛ぶ感じですよ。

アクアレーベル化粧水(黄・とてもしっとり)を使ってみた感想

資生堂 AQUALABELアクアレーベル バウンシングローション 口コミ・効果・感想

ボトルはオレンジ(黄色)だけれど、化粧水は無色透明のタイプです。

とろみがかなり濃厚ですよ。

普段は、とろみのある化粧水はほとんど使わないので、ちょっとベタつく感じと、肌がやや重い感じがあるかな。

 

カサつきが気になる場合は、これでコットンパックをするとイイとメーカー側が推奨してます。

なので普通に顔に付けた後に、さらにコットンパックもしてみましたよ。

実際にやってみたら、たしかに浸透はする感じがしますね。

もちろんそれだけで放置するわけにはいかないので、薄くワセリンを伸ばしておきました。

一応、翌朝にはカサつきがおさまってましたよ。

 

本当は、アクアレーベルのバウンシングエマルジョンという乳液と一緒にセット使いした方がもっと良かったのかもしれません。

ハリや弾力やツヤが出て来るのかについては、しばらく使ってみないことには何とも言えないけれど、潤う感じはそこそこあります。

アクアレーベルの化粧水のとろみについて

ちなみに、化粧水のとろみは、保湿成分がたっぷり入っているからではなく、増粘剤が使用されているからだそうです。

増粘剤が入ることにより、化粧水の液ダレが防げたり、テクスチャーが良くなる効果があるそうです。

とろみがあると肌につけた時に、ものすごく「しっとりする」ような感じがするけれど、角質層まで成分が浸透しているというわけではないようですよ。

本当の意味で肌を潤わせてしっとりさせるには、角質層の水分をしっかりと与えて、それを保持することが重要なんだそうです。

ということは、1番良いのは、「増粘剤不使用&保水性が高い化粧水で、お肌に水分をたっぷりと与えた後に、油分のあるものでフタをして、シッカリと保湿性を高める」ってことなのかもしれません。

アクアレーベルが向いている人

割と肌が丈夫な方だったら、冬の保湿アイテムのひとつに便利かな。

お値段もそこそこお安い価格帯なので、トライアルセットから試してみると良いかもしれません。

アクアレーベルが向いてない人

とろみのある化粧水が苦手な方は、肌にのせた時の感触からして向いてないですね。

あと、成分表を見ると分かるように、防腐剤香料も入っているので、敏感肌やアレルギーの有る方にもかなり厳しいような気がします。

肌がデリケートな方は、やはり無添加のものの方が安全だと思いますよ。

 

<スポンサーリンク>

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール


HN:ハルカ
地方在住の在宅ワーカー。
家電・洋服・食料等、
ほとんど全てのものをネット通販で購入。
通販サイトと宅配業者さんのおかげで、
ド田舎住みでも
特に生活に不便はありません(笑)
今年も全力でひきこもってお仕事します!

おすすめ記事

ピックアップ記事

pocky極細ポッキー

2015.11.2

極細ポッキーのカロリー・本数・お値段&美味しくて危険な食べ方♪

どうも、ハルカです。 11月11日は「ポッキー&プリッツの日」 毎年11月に入ると無性にポッキーが食べたくなります♪ g…

Twitter

ページ上部へ戻る