HP61(ENVY4500対応)の互換性インクを購入し、詰め替えた感想!

どうも、ハルカです。

プリンターのインクはこれまでは純正品を使っていたのですが、この度、初めて詰め替えインクに手を出しましたよ!

HP61(ENVY4500対応)互換インク
プリンターは、コスパの良いことで有名なHP(ヒューレットパッカード社)のENVY4500を使用してるので、これまでは、インクは純正品のHP61やHP61XLを購入していました。

でも、最近、印刷するものが多くてインクの消耗が激しすぎて、「正規の値段で買うのはどうかな~?」と感じるように……。
仕事で使っているので経費で落とせますが、血液高級ワインよりも1ml当たりの値段が高いインクなんて「やっぱりおかしいでしょ!?」ってことで、値段が1/5以下になる詰替え品に乗り換えちゃいました!

HP61(ENVY4500対応)互換インク

ブラックとカラー3色(ブルー・ピンク・イエロー)のセット商品で、購入したのは、「エコインク」さんという楽天のショップです。「同じインク量で、純正品なら17496円するものが、エコインク価格なら3480円」という表記を見て、即決でポチりましたよ(笑)

HP61/HP62/HP63共通対応 詰め替えインク4色パック〔ヒューレット・パッカード/HP〕対応 インク吸い出しホルダー付き【送料無料】【あす楽】酉年2017年賀状印刷インク

ブラックは、1箱中にインクタンクが4つ入り(純正品カートリッジの約4個分に相当)で、カラーの方は、1箱中に3色のインクタンクが2セット(純正品カートリッジの約2個分に相当)入っています。

ブラックの方が、カラーよりも消耗が2倍位早いので、丁度良いセットバランスですね。

HP61(ENVY4500対応)互換インク

で、詰替え方は非常に簡単で、説明書きに従って、サクサク進めるだけで、手も汚れずにインクの充填が出来ました。

最初に純正品のインクタンクに穴を開ける時に、最初にちょこっとだけ力を入れましたが、後は、穴あけ機をクルクル回しているだけなので簡単でしたよ。

後は、インク注入用のフタをして、インクタンクをセットして、インクが落ちきったら完了です♪

なんか、意外とあっけなく終わったな~。

 

<スポンサーリンク>

 

ただ、インクが落ちきるのに1~5分程度と目安が書いてあったけれど、これはあんまりアテにならないかも……。

カラータイプは瞬速で落ちていったけれど、黒インクは15分位放置してやっと吸い込まれていく感じでしたよ。

インクの注入は、「タンクをセットして上部を数回プッシュ」するだけと書いてあるけれど、もしかしたら何かコツがあるのかも?

とはいえ、無事に詰め替えが出来たし、手も汚れなかったし、今のところ問題なく使えているので、とりあえずは良かったかな。

後は、純正品のインクと比較して、どれくらいモツのか、推移を見守りたいと思います。

HP61(ENVY4500対応)互換インク

商品購入者のレビューを見ると、「上手く詰め替え出来なかった」・「プリンターが壊れた」なんていうネガティブな口コミもいくつかあったので、不安な場合はやはり純正品(正規品)のカートリッジを買ったほうが無難かもしれません……。

購入を考えて入る方は、互換インクが使える条件も指定されているので、ショップで商品の説明文をよく読んでみて下さいね!

さらに、購入者のレビュー評価も全部読んでから決断したほうが宜しいかと思います。

<スポンサーリンク>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール


HN:ハルカ
地方在住の在宅ワーカー。
家電・洋服・食料等、
ほとんど全てのものをネット通販で購入。
通販サイトと宅配業者さんのおかげで、
ド田舎住みでも
特に生活に不便はありません(笑)
今年も全力でひきこもってお仕事します!

おすすめ記事

ピックアップ記事

pocky極細ポッキー

2015.11.2

極細ポッキーのカロリー・本数・お値段&美味しくて危険な食べ方♪

どうも、ハルカです。 11月11日は「ポッキー&プリッツの日」 毎年11月に入ると無性にポッキーが食べたくなります♪ g…

Twitter

ページ上部へ戻る