メダリストワンデープラスを使ってみた!【感想・評価・口コミ】

どうも、ハルカです。

使い捨てコンタクトレンズを、いつも使っているのは違うものを買ってみましたよ。

メダリスト ワンデープラス  口コミ
メダリスト ワンデープラス
【BC】8.6
【PWR】-6.50

ボシュロムから出ているMedalist(メダリスト)のワンデープラスは、1日で使い捨てるタイプのレンズですよ。

コンタクトの種類は沢山あるのに、今回なぜメダリストにしたかというと、単純に安かったからです。

メダリストはメジャーなコンタクトレンズのブランドの中でも、割と価格はお安いようですね。

あと、人気売れ筋ランキングをチェックしたら1位だったのと、口コミレビューの評価も高かったのも購入の決め手でした。

ちなみに、コンタクトレンズは今まで楽天レンズダイレクトレンズアップルで買ってたけれど、両方とも普通にAmazonで買えることを知りましたよ。

どちらも値段は変わらない感じだけれど、日頃、Amazonを使う事の方が多いから、コンタクトも買えるとなるとかなり便利に感じます。

 

では、実際にメダリストを使ってみたレビューにいってみますね!

 

メダリストワンデープラスのパッケージ

メダリスト ワンデープラス
外箱はめがねケースと同じ位のサイズです。

他社製品より箱は結構大きめに感じます。

 

メダリスト ワンデープラス  口コミ
開けてみるとこんな風に、横に5連になったものが6段積み重なってますよ。

 

メダリストワンデープラスを使った感想【口コミ・評価】

メダリスト ワンデープラス  ソフトコンタクトレンズ
レンズの入った容器も大きめサイズです。

 

メダリスト ワンデープラス ソフトコンタクトレンズ
画像に右側は他社のレンズです。

メダリストの方がひとまわり位大きいですね。

 

メダリスト ワンデープラス ソフトコンタクトレンズ 色
メダリストのレンズの色は薄いブルーです。

レンズが柔らかいので、コツをつかんで慣れるまでは指に乗せるのが大変かも。

指に乗せるとアーチ型に形が安定するけれど、溶液の中だとグニャグニャですよ。

「レンズがやや大きめかな~」という気もしたけれど、目の中に入れてしまうとほとんど気にならない感じかな。

レンズの厚さは0.09mmとかなり薄めなので、つけている感覚がほとんどないです。

目の中に違和感を感じることもなくなかなか快適♪

水分をたっぷりと含んでいて柔らかいので、目にやさしい感じがあるのがイイですね。

 

メダリスト ワンデープラス ソフトコンタクトレンズ 口コミ
デメリットというか、ちょっと使いにくさを感じたのは、レンズを外す時かな。

かなり目にフィットするというか、日によってはしっかり貼り付いた感じになって、取れにくいことがあります。

目薬をさして、しばらく目を閉じて、その後、何度かまばたきをしてからだとスムーズにとれるんですけどね。

忙しい人だと、その手間がちょっと面倒に感じるかもしれません。

ただ、私は普段はメガネで、外出の時だけコンタクトレンズなので、この程度なら許容範囲かな。

毎日使うわけじゃないから、「たまにならこれでもイイかな~」って感じです。

ただ、長期的に毎日使うんだったら、もう少し価格が高くて素材の良いレンズを選ぶと思いますよ。

 

ちなみに、ワンデープラスの素材の特徴は以下のようになっています。

 

メダリストワンデープラスの特徴【BC・素材・酸素透過率】

メダリスト ワンデープラス ソフトコンタクトレンズ 素材・特徴・BC・酸素透過率・水分

【BC】

私が購入したのは、BC8.6です。

ワンデープラスは、BC(ベースカーブ)が8.6のみのようですよ。

BCはカーブの曲がり度合を示すので、数値が大きいとカーブは緩やかで、数値が小さいとカーブがきつめになります。

メーカーによって違いはあるけれど、8.5~9.0の間で設定されていることがほとんどです。

なので、BC8.6だとややキツめのカーブに感じるけれど、そこはソフトレンズなので大丈夫ですよ。

ハードレンズの場合には、BCはかなり重要になってくるけれど、ソフトレンズの場合はBCが1種類しかなくても、特に問題は無いですね。

柔らかいレンズが目にフィットするようになっているので、数値は特に気にする必要はなさそうです。

 

【素材】

メダリストワンデープラスの素材はHEMA(ヒドロキシエチルメタクリレート)です。

HEMAは、水分を含むと柔らかくなるプラスチックで、柔らかいのでつけ心地が良いのが特徴ですね。

ソフトレンズの素材としては1番多く使われているそうですよ。

ちなみに、メダリストワンデープラスの場合は、含水率が59%です。

また、非イオン性素材なので、汚れがつきにくくて乾きにくいという特性がありますよ。

花粉や目のたんぱく質とか油とかでレンズって汚れやすいんですよね。

花粉症の人や、メイクを毎日する女性は非イオン性で使い捨てタイプのものが便利ですね。

もちろん、ドライアイを予防するためにも、乾きにくいとうのは大事です。

 

【酸素透過率】

HEMA素材は正直なところ、酸素透過率はそれほど良くないみたいです。

酸素透過率の高いソフトコンタクトレンズを探しているならば、HEMAではなく、シリコーンハイドロゲルを使った製品がオススメですよ。

「アキュビュートゥルーアイ」・「アキュビューオアシス」・「バイオフィニティ」には、シリコーンハイドロゲルが使われているので酸素透過率が高いです。

その分お値段も高くなるけれど、目の健康を考えたら、やっぱり酸素透過率も気にした方が良さそうですね。

特にカラコンのソフトレンズの場合には、低含水率のHEMA素材が使われているものもあるようなので、ヘビーユーザーは注意が必要かも。

角膜が酸素不足になると、眼病や眼障害が起こりやすくなるので、コンタクトレンズの素材と酸素透過率のチェックはした方が良いですね。

まとめ

有名メーカーの使い捨てレンズの中でもお値段がお安い方なので、コスパ的にはかなり良いですよね。

水分をたっぷり含んでいるし、乾きにくいので、そこそこイイ感じではあります。

ただ、長期的に毎日使用するとなると、やっぱり酸素透過率も考えた方が良いですよね。

毎日使うんだったら、目の健康の為に、HEMAよりもシリコーンハイドロゲルを使ったものを選ぶと思います。

となると、アキュビューのトゥルーアイとかが安心かな。

今のところはコンタクトはたまにしか使わないので、「メダリストでも悪くはない」って感じですよ。

(関連記事⇒ワンデーアキュビュートゥルーアイのレビュー)

 

<スポンサーリンク>

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール


HN:ハルカ
地方在住の在宅ワーカー。
家電・洋服・食料等、
ほとんど全てのものをネット通販で購入。
通販サイトと宅配業者さんのおかげで、
ド田舎住みでも
特に生活に不便はありません(笑)
今年も全力でひきこもってお仕事します!

おすすめ記事

ピックアップ記事

ハウスオブローゼ スクラブ

2017.1.16

ハウスオブローゼのスクラブ【成分・使い方・使用頻度・感想】

どうも、ハルカです。 ボディケアって意外と冬の方が重要だったりしますよね。 今回買ったのは、アットコスメのランキングで殿堂入りしているこ…

Twitter

ページ上部へ戻る